工事

光ファイバー導入済みのマンションで光回線を使うには?

投稿日:

どーも、ノラです^^

引っ越し先を探してる時に、
「光ファイバー導入済み」となってるマンションやアパートを見つけることがあるわよね。

光ファイバー導入済みってことはマンションやアパートの各部屋に光回線が開通してて、
入居後には工事無しですぐに光回線が使えると勘違いしてる人も多いんじゃないかしら。

確かに工事無しで入居後すぐに光回線が使えるマンションやアパートもあるんだけど、
光ファイバー導入済みのマンションやアパートだと光回線を使うには工事が必要だわ。

じゃあ光ファイバー導入済みというのはどういうことなのか、光ファイバー導入済みの
マンションで光回線を使うにはどうすれば良いのかなど詳しく説明するわね。

光ファイバー導入済みってどういう意味?

マンションやアパートで光ファイバー導入済みとなってる場合は、
基本的に共用部まで光ファイバーが引き込まれてることを意味してるのよ。

マンションやアパートでは、最寄りの電信柱から光ファイバーを引き込み、
共用部で分岐させて分配することで各部屋で光回線が使えるようになってるの。

光ファイバー導入済みのマンションやアパートは、
共用部に光ファイバーを引き込むところまでしか完了してないわ。

自分の部屋で光回線を使おうと思ったら、
共用部から自分の部屋に光ファイバーを引き込まなきゃいけないのよ。

光ファイバーを引き込む作業は自分じゃできないから、
専門の業者にお願いして工事してもらうことになるわ。

だから光ファイバー導入済みのマンションやアパートでも、
光回線を使うには通常の開通工事が必要になるってわけね。

光ファイバー導入済みのマンションで光回線を使うには

光ファイバー導入済みのマンションで光回線を使う場合には、
通常の申し込み手続きを踏むことになるわね。

大まかには、マンションに導入されてる光回線事業者と契約して、
派遣工事による開通工事を実施することで部屋で光回線が使えるようになるのよ。

もう少し具体的に言うと、
まずマンションに導入されてるのはどの事業者の光ファイバーか確認して申し込むの。

次に光回線事業者と開通工事の日程を調整して、当日マンションに来る工事業者に
共用部から部屋に光ファイバーを引き込んでもらえば光回線が使えるようになるわ。

光ファイバー導入済みだと最寄りの電信柱から光ファイバーを引き込む作業が不要に
なるだけで、基本的には通常の開通工事とやることはほとんど変わらないのよね。

工事にかかる時間こそ少し短くなるけど、
開通工事にかかる費用は光ファイバー導入済みでも通常の開通工事と変わらないわ。

光ファイバー導入済みのマンションでは利用できる光回線は限られる

光ファイバー導入済みのマンションでは利用できる光回線が限られるから、
使いたい光回線を使えない場合もあるのよ。

光回線事業者はみんな共通の光ファイバーを使ってるわけじゃなくて、
それぞれが独自の光ファイバーを使ってるわ。

だから光ファイバー導入済みのマンションでは、
導入されてる光ファイバーを使う光回線事業者以外は利用できないってわけなの。

光ファイバー導入済みだとどこの光回線事業者が利用できるか分からないけど、例えば
「フレッツ導入済み」となってる場合はauひかりやNURO光などは利用できないのね。

ちなみに、ドコモ光やソフトバンク光などの「光コラボ」はフレッツ光の回線を
使ってるから、フレッツ導入済みのマンションでも利用できるわよ。

ただし規模の大きいマンションだと、
フレッツ光とauひかりといったように2種類3種類の光ファイバーが導入されてて
光ファイバー導入済みとなってる場合もあるわ。

光ファイバー導入済みでもプロバイダは選べる

光ファイバー導入済みのマンションだと、利用できる光回線は限られるけど、
プロバイダは自由に選べるようになってる場合が多いわ。

通信速度や繋がりやすさといった光回線の通信品質って、
同じ光回線でもプロバイダによって変わることもあるのよねぇ。

メールやセキュリティのオプション内容も全然違ってたりするし、
クレジットカードのみだったり口座振替もOKだったりと対応している支払方法が
違うこともあるわ。

だから利用する光回線は同じでもプロバイダを乗り換えることで、
結構使い勝手が変わることも少なくないのよ。

ただしフレッツ光以外の光回線が導入されてる場合には、
プロバイダが選べると言ってもある程度制限があるわ。

例えばauひかりは利用できるプロバイダが8社しかないし、NURO光や
電力系光回線(コミュファ光やeo光など)に至ってはプロバイダは1社のみなの。

光コラボも、ドコモ光のようにプロバイダに選択肢がある方が珍しく、
プロバイダが選べない場合がほとんどね。

光ファイバー導入済みのマンションで他の光回線も使える!?

光ファイバー導入済みのマンションでは導入されてる光回線以外を使うことは
できないって先に説明したけど、実は他の光回線を使えないこともないのよ。

光ファイバー導入済みのマンションで他の光回線を使うには
 ・通常通り共用部を通して部屋に光ファイバーを引き込む
 ・共用部を通さずに、最寄りの電信柱から直接部屋に光ファイバーを引き込む
という2つの方法があるわ。

規模の大きいマンションだと2種類3種類の光ファイバーが導入されてることもあるから、
大家さんや管理会社がOKすればマンションに他の光回線も導入してもらうことが
できるの。

ただし規模があまり大きくないマンションだと、
共用部が既に導入してる光回線の設備で埋まっちゃってることもあるのよ。

こうなると共用部には物理的に他の光ファイバーを引き込むことができないから、
通常の方法で他の光回線を使うことは難しいわね。

また自分以外の入居者にも他の光回線を使いたいという人がある程度の人数居ないと、
大家さんや管理会社は他の光回線を導入することをOKしてくれないわ。

自分の部屋に直接光ファイバーを引き込む

光ファイバー導入済みのマンションで他の光回線を使う方法の2つ目は、
共用部を通さずに直接部屋に光ファイバーを引き込む方法よ。

マンションでは1本の光ファイバーを何部屋かで共有するから、
光ファイバーを共有する部屋が同時にインターネットを使うと通信速度が遅くなったり
繋がりにくくなることがあるの。

その点部屋に直接光ファイバーを引き込むめば、戸建てと同じように
1本の光ファイバーを独占できるから、通信品質はこっちの方が高かったりするわ。

ただし直接光ファイバーを部屋に引き込む場合は、マンションであっても戸建ての
扱いになるから、開通工事費も利用料金も戸建て用の金額になっちゃうのよねぇ。

例えばフレッツ導入済みのマンションで光コラボのドコモ光を利用すると
 ・開通工事費・・・15,000円
 ・利用料金・・・月額4,000円
とマンション用の金額になるわ。

ところがauひかり導入済みのマンションで部屋に直接光ファイバーを引き込んで
ドコモ光を利用すると
 ・開通工事費・・・18,000円
 ・利用料金・・・月額5,200円
となるの。

開通工事費の3,000円の違いは目を瞑れるとしても、
利用料金が月1,200円も違うっていうのはちょっと目を瞑れないぐらいの差よね。

部屋に直接光ファイバーを引き込む許可が貰えない可能性も

部屋に直接光ファイバーを引き込む場合でも、
マンションの大家さんや管理会社に許可を貰わないといけないわ。

光ファイバーを引き込む工事を行うのに作業員はマンション内に入らないといけないし、
部屋がある階によっては高所作業車を使う必要があるのよ。

マンション内に作業員が入ることやマンションの敷地内に高所作業車を停めておく
許可を大家さんや管理会社に貰わないといけないってわけ。

ただ光ファイバー導入済みのマンションでは、他の光回線を導入することを
大家さんや管理会社に許可してもらえない可能性も高いわね。

マンション全体で利用することを条件に光回線の利用料金を少し安くしてもらってる
場合もあるし、光ファイバーを引き込むのに壁にケーブルをビス止めするのを
嫌がって許可しないってこともあるの。

通常通り共用部を通して他の光回線を導入することも難しいけど、
部屋に直接光ファイバーを引き込むのも簡単じゃないわよ。

導入された光回線を使いたくないなら

マンションに導入されてる光回線をどうしても使いたくないという場合には、
「モバイル回線」を使う方法をおすすめするわ。

具体的には、WiMAXなどのポケットWiFiやSoftbankAirのようなホームルーターを
光回線代わりとして使うってことよ。

大家さんや管理会社の許可を貰うのは難しいから、建前上は可能だけど、
実際に光ファイバー導入済みのマンションで他の光回線を使える可能性は
かなり低いのよね。

それだったら、大家さんや管理会社の許可無しで使えるポケットWiFiや
ホームルーターを光回線代わりとして使う方が現実的だわ。

WiMAXやワイモバイル、SoftbankAirなら、ポケットWiFiやホームルーターでも
通信量が無制限で使えるのよ。
(WiMAXとワイモバイルには3日間10GBの制限あり)

また最大通信速度は1Gbps前後で光回線並、実行速度はさすがに光回線に
敵わないけど100Mbpsを超えることも珍しくなくなってきてるの。
(光回線だと500Mbpsを超えることもある)

ポケットWiFiやホームルーターは料金的にも光回線より安いから、マンションに
導入されてる光回線を使いたくない時はモバイル回線を検討してみましょう。

光ファイバー導入済みのマンションで工事無しで光回線が使えることはある?

光ファイバー導入済みのマンションで光回線を使うには開通工事が必要だけど、
開通工事無しで光回線が使えるマンションもあるのよ。

物件情報に
 ・光回線完備(インターネット完備)
 ・インターネット無料
と書いてるマンションでは工事不要で光回線が使えるわ。

光ファイバー導入済みだと共用部までしか光回線が開通してないけど、
「光回線完備」や「インターネット無料」のマンションでは各部屋まで光回線が
開通してるの。

だから光回線完備やインターネット無料のマンションでは、
入居後すぐにでも光回線を使い始められるってわけね。

インターネット無料なら光回線の申し込みや契約も不要

光回線完備だと光回線事業者との契約が必要だけど、
インターネット無料なら光回線事業者への申し込みすら不要なのよ。

光回線完備のマンションは各部屋まで光ファイバーが来てるってだけで、
光回線事業者と契約しないと光回線は使えないの。

一方インターネット無料のマンションは各部屋に光回線が開通してるだけでなく、
光回線事業者やプロバイダとの契約も完了してるわ。

だからインターネット無料のマンションに入居する場合は、
光回線事業者に申し込まなくても、すぐに光回線が使えるのよ。

ただしインターネット無料と言っても、
マンションの家賃に光回線の利用料金が含まれてるから、実質的には無料じゃないわ。

光回線の料金が含まれてる分だけ家賃が割高になってるし、
インターネット無料だからって特段お得ってわけでもないのよねぇ。

光回線完備やインターネット無料は導入済みより他の光回線を使いにくい

光回線完備やインターネット無料のマンションでも、大家さんや管理会社の許可さえ
取れれば、導入されてる以外の光回線を使うことはできるわ。

でもはっきり言って、光ファイバー導入済みのマンションで他の光回線を使うより
光回線完備やインターネット無料のマンションで他の光回線を使う方が
現実的じゃないわね。

まず自分以外にも他の光回線を使いたいっていう入居者いわゆる「同志」を、
自分を含めて少なくとも4~5軒は集めないといけないわ。

それから光回線完備やインターネット無料のマンションでは、
共用部が導入されてる光回線の設備に独占されちゃってて、
他の光回線の設備を導入する物理的なスペースが無いってことも考えるの。

じゃあ直接部屋に光ファイバーを引き込めばとも思うけど、
そうすると戸建て扱いになって工事費も毎月の利用料金も高くなっちゃうのよ。

他の光回線を導入するのにかかる手間・時間・お金と他の光回線を使うメリットを
天秤にかけて、メリットが上回ってるとは正直言いにくいわ。

だから、光回線完備やインターネット無料のマンションで他の光回線を使うのは
現実的じゃないと私は思うのよね。

光ファイバー導入済みかどうかは入居前に調べることができる

マンションに入居してから使いたい光回線が使えないと分かっても嫌だから、
どうせなら探す段階でマンションにどの光回線が導入されてるか知りたいわよね。

実は光回線事業者の公式サイトで、
光ファイバー導入済みのマンションを調べることができるようになってるのよ。

フレッツ光はもちろん、auひかりやNURO光、電力系光回線でも
光ファイバー導入済みのマンションを調べることができるわ。

ただしフレッツ光については、新潟・長野・山梨・神奈川以東の都道県はNTT東日本、
富山・岐阜・静岡以西の府県はNTT西日本の公式サイトで調べてね。

また光コラボはフレッツ光の回線を使うから、フレッツ光が導入されてるマンションなら
光コラボが利用できるわよ。

NTT東日本エリアでフレッツ導入済みのマンションを調べる

NTT東日本エリアでは、NTT東日本のフレッツ光公式サイトの「住所選択」という
ページでフレッツ導入済みのマンションを調べることができるわ。

まずGoogleなどで「フレッツ光 東日本 住所選択」と検索して一番最初に出てくる
サイトにアクセスすると、「提供状況のご確認」というページが表示されるのよ。

調べたいマンションの郵便番号を入力して住所を選択、さらに「集合住宅」を選んで
「次へ」を押すと、その住所にあるマンションやアパートの名前一覧が出てくるの。

一覧から調べたいマンション名を選んで「次へ」を押して、
「ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです」と表示されると、
そのマンションはフレッツ導入済みである可能性が高いわよ。

もし「ご指定の住所は、詳しい状況確認が必要です」と表示された場合は、
そのマンションにはフレッツ光が導入されてない可能性が高いってことになるのね。

NTT西日本エリアでフレッツ導入済みマンションを調べる

NTT西日本エリアの場合は、まずGoogleなどで「フレッツ光 西日本 提供エリア」と
検索して最初にヒットするサイトにアクセスするの。

そうするとNTT西日本のフレッツ光公式サイトのエリア判定のページが表示されるから、
「マンション(集合住宅)」を選択して、
 ・郵便番号
 ・府県
 ・電話番号
で調べたいマンションの住所を絞り込んでいくのよ。

住所を絞り込んだらマンションやアパートの名前一覧が表示されるから、
その中から調べたいマンション名を選んでね。

NTT西日本ではマンションにフレッツ光が導入されててもされてなくても、判定結果には
「ご指定の住所はフレッツ光のご提供エリアです」と出るから注意が必要よ。

注目すべきは「ご指定の住所はフレッツ光のご提供エリアです」の下の文言で、
「マンション・スーパーハイスピードタイプ」とあればそのマンションにはフレッツ光が
導入されてる可能性が高いわ。

「ご指定の住所はフレッツ光のご提供エリアです」の下に
「ファミリー・ハイスピードタイプ」と書かれてる場合は、
フレッツ導入済みマンションじゃない可能性が高いのね。

フレッツ光以外の光ファイバー導入済みのマンションを調べる

フレッツ光以外の
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・電力系光回線(コミュファ光、eo光など)
の光ファイバーを導入してるマンションを調べることも可能よ。

調べ方はフレッツ光と同じで、それぞれの公式サイトのエリア検索のページで
調べたいマンションの住所を入力・選択するの。

フレッツ光だと光ファイバーが導入されてないマンション名も表示されるんだけど、
フレッツ光以外では導入されてるマンション名しか表示されないようになってるわ。

だから住所を入力・選択して、調べたいマンションの名前が出てくれば導入済み、
出てこなければ導入されてないと判断することができるのね。

まとめ

光ファイバー導入済みのマンションは、
共用部まで光ファイバーが引き込まれてるだけで、各部屋までは行き渡ってないの。

だから光ファイバー導入済みのマンションで光回線を使うには、
部屋に光ファイバーを引き込む通常の開通工事が必要だわ。

光ファイバー導入済みのマンションで他の光回線を使うこともできなくはないけど、
数々のハードルを超えないといけないから、実質的にはかなり難しいの。

それに数々のハードルを超えるだけのメリットがあるとも言いにくいから、
光ファイバー導入済みのマンションで他の光回線を使うのはおすすめできないわね。

光回線事業者の公式サイトで、
その事業者の光ファイバーが導入されてるマンションを調べることができるわ。

引っ越しを考えてる場合は、
物件選びの参考として調べてみるのも良いんじゃないかしら。

-工事

Copyright© インターネットのお話 , 2020 All Rights Reserved.