インターネット回線知識

MacbookAirを外でネットに繋ぐにはどうすれば良い?

投稿日:

すでにMacbookAirを使ってるならともかく、これから使おうと思っているなら外でも
MacbookAirをネットに繋ぎたいと考えてるケースも多いはずよね。

MacbookAirは同じApple製品であるiPhoneやiPadと違って、
MacbookAir単独では外でネットに繋ぐことはできないわ。

MacbookAirを外でネットに繋ぐには、別に外でも使えるネット回線が必要なのよ。

それじゃあMacbookAirを外でネットに繋ぐにはどうすれば良いのかを、
具体的に説明していくわね。

MacbookAirを外でネットに繋ぐには

MacbookAirを外でネットに繋ぐ具体的な方法としては
 ・別途契約した外でも使えるネット回線を利用する
 ・コンビニなどに設置されているフリーWiFiを利用する
の2つね。

別途契約した外でも使えるネット回線というのは、もっと具体的に言うと、
ポケットWiFiとかスマホのテザリングのことよ。

ポケットWiFiやスマホのテザリングを使うには当然料金が発生するんだけど、
その代わり電波の届くところならどこでもMacbookAirをネットに繋ぐことができるわ。

一方コンビニなどに設置されてるフリーWiFiは、メールアドレスの登録など
利用するのに多少の手続きは必要だけど、基本的に無料で使うことができるのよ。

でもフリーWiFiが設置されてる場所に行かないとMacbookAirをネットに繋げないから、
ネットを使える場所が限られちゃうのよね。

MacbookAirにセルラーモデルは無い

ノートパソコンの機種によっては「セルラーモデル」があるんだけど、
MacbookAirにはセルラーモデルは無いわ。

セルラーモデルは、ノートパソコンに付いてるSIMスロットに回線契約した
SIMスロットを挿せば外でもネットに繋ぐことができる機種のことよ。

要するにポケットWiFiやフリーWiFiを利用しなくても、
ノートパソコンだけでネットに繋ぐことができるってわけ。

AppleはMacbookAirのセルラーモデル開発に関連した特許も取ってるんだけど、
今のところMacbookAirのセルラーモデルは発売されてないわ。

だからMacbookAirにSIMスロットは付いてなくて、iPhoneやiPadみたいに端末を
直接回線契約して外でネットに繋ぐことはできないのよねぇ。

MacbookAirを外でネットに繋ぐのに使えるポケットWiFi

MacbookAirを外でネットに繋ぐのにポケットWiFiを使うと言っても、
どのポケットWiFiサービスを使ったら良いか分からなかったりするわ。

少し前まではポケットWiFiサービスと言えば
 ・WiMAX
 ・ワイモバイル
の2択だったけど、最近は
 ・どんなときもWiFi
 ・FujiWiFi
 ・SAKURA WiFi
 ・限界突破WiFi
などなど新しいポケットWiFiサービスが登場してて選択肢が増えているのよ。

ポケットWiFiサービスは大まかに
 ・自社回線を使ったもの
 ・大手携帯キャリアから借りた回線を使ったもの
の2つに分けられるわ。

以前からある「WiMAX」や「ワイモバイル」は自社回線を使ったもので、
最近登場した「どんなときもWiFi」とか「FujiWiFi」なんかは大手携帯キャリアから
借りた回線を使ったものになるわね。

ポケットWiFiの回線による違い

自社回線を使うポケットWiFiサービスはそれぞれ
 ・WiMAX・・・WiMAX2+
 ・ワイモバイル・・・AXGP
という回線を使ってるわ。
(ワイモバイルではプランによってソフトバンクのLTE回線を使うこともある)

一方大手携帯キャリアから回線を借りているポケットWiFiサービスでは、
スマホでも使われている「LTE回線」を使うことになるの。

WiMAX2+やAXGPとLTE回線の違いは使ってる電波の周波数で、
WiMAX2+やAXGPが2.4GHzなのに対してLTE回線は700MHz~2.1GHzと
比較的低い周波数の電波を使ってるわ。

電波には、周波数が高いほど通信速度は速くなる反面減衰しやすくて遠くまでは
届きにくくなるって特性があるの。

また周波数が高い電波は障害物にぶつかると反射してそれ以上は進めないんだけど、
周波数の低い電波は障害物を回り込んで進むことができるという特徴もあるわ。

だからWiMAX2+のポケットWiFiでは1Gbps超という光回線並の最大通信速度が
出るんだけど、LTE回線のポケットWiFiだと最大150Mbps程度しか出なかったり
するのよ。

反面WiMAX2+は山間部など人があまり住んでない場所では繋がりにくいけど、
LTE回線だと山間部や離島などでも繋がりやすくなってるわ。

要するにWiMAXやワイモバイルは通信速度は速いけど使う場所によっては
繋がりにくいこともある、LTE回線のポケットWiFiは通信速度は遅いけど
ほぼ日本全国で繋がるってことね。

WiMAX2+もAXGPも基地局増強で対応エリアが拡大している

WiMAX2+やAXGPはLTE回線に比べると対応エリアが狭いんだけど、
現在進行形でも基地局を増強してて対応エリアも拡大してるの。

AXGPはまだ都市部と主要幹線道路沿いを中心に広がりつつあるぐらいだけど、
WiMAX2+は山間部と離島を除けばほぼ日本全国で使えると言っても良いぐらいなの。

田園風景が広がるいわゆる田舎と言われる地域だと、
さすがにWiMAX2+やAXGPはLTE回線に比べると確かに繋がりにくいわね。

でも生活圏が都市部や主要幹線道路沿いであれば、
WiMAX2+やAXGPでもLTE回線に繋がりやすさに引けは取らないわ。

また都市部から少し離れた郊外でも、
WiMAX2+だったら使い勝手はLTE回線と大きく違わないのよ。

WiMAX2+と5Gの違いは?

大手携帯キャリアが一部で「5G」のサービスを始めてるけど、
WiMAX2+やAXGPと5Gの違いもLTE回線の時と同じで使う電波の周波数にあるの。

5GはLTEの後継回線で、
 ・3.7GHz
 ・4.5GHz
 ・28GHz
というWiMAX2+やAXGPよりもはるかに高い周波数の電波を使ってるわ。

そのため5GはLTEの20倍の通信速度、10分の1の遅延、10倍の同時接続数に
なるとされてるのよ。

現状でも大手携帯キャリアでLTE回線を使うと最大通信速度は1Gbps近くだから、
5Gになると最大で20Gbpsぐらいの通信速度が出るってわけね。

到底WiMAX2+やAXGPは5Gに敵わないんだけど、そもそもWiMAX2+やAXGPは
LTEと同じ5Gの一世代前の「4G」に分類される回線なの。

現在5Gに相当するWiMAX回線の開発が進んでるって話もあるから、
今後5Gに相当するWiMAX回線を使ったサービスが登場する可能性もあるわよ。

MacbookAir用にポケットWiFiを使うメリット

MacbookAirを外でネットに繋ぐのにポケットWiFiを使うメリットとしては
 ・場所を選ばない
 ・データ容量を気にしなくて良い
 ・MacbookAir以外の機器も同時にネット接続ができる
 ・通信の安全性が高い
といったことが挙げられるわね。

ポケットWiFiは電波が届く範囲内であればどこでもネットが使えるから、
場所を気にせずにMacbookAirをネットに繋ぐことができるわ。

実際に公園のベンチに座ってノートパソコンを使ってる人を見かけることがあるけど、
ああいう人は大抵ポケットWiFiを使ってるのよ。

またWiMAXやワイモバイルはもちろんLTE回線を使ったサービスでも、
ポケットWiFiでは月間データ容量無制限のものが多くなってるわ。

だからポケットWiFiなら、後述するスマホのテザリングやフリーWiFiのように、
データ容量を気にしながらネットを使わなくても良いってわけ。

それからポケットWiFiは同時に10台ぐらい接続できるようになってたりするから、
MacbookAirをポケットWiFiに繋いでネットを使いながらiPhoneやiPadもネットに
繋いでおくことができるのよ。

さらにポケットWiFiは「WPA2」や「AES」といった暗号化技術に対応してるので、
通信の安全性も高いの。

なのでポケットWiFiにMacbookAirを繋いでネットを使っても、
通信を第三者に傍受されるなどといったトラブルに巻き込まれる心配が無いのね。

ポケットWiFiのデメリット

何事もメリットがあればデメリットがあるんだけど、
MacbookAir用にポケットWiFiを使うのにもデメリットがあるわ。

具体的には
 ・料金が高い
 ・ポケットWiFiのバッテリーも気にしないといけない
 ・解約が簡単じゃない
といったところね。

月間データ容量無制限のポケットWiFiの月額料金は、
大体3,500~4,000円ぐらいとなってるわ。

データ容量無制限の料金としては決して高くないんだけど、
スマホのテザリングやフリーWiFiが無料で使えるだけに料金が発生するだけでも
デメリットになっちゃうのよね。

MacbookAirを外で使う際にはバッテリーを気にしないといけないけど、
ポケットWiFiに繋ぐとなるとポケットWiFiのバッテリーも気にしないといけないの。

ポケットWiFiの充電を忘れると、
MacbookAirのバッテリーが満タンでも外でネットに繋げなくなっちゃうわ。

またポケットWiFiには最低利用期間とか契約期間の縛りがあったりするから、
自分に合わないと思っても簡単に解約できないのよ。

ポケットWiFiによっては最低利用期間や契約期間の満了前に解約すると、
20,000円以上の高額な違約金が発生することもあるの。

違約金無しで解約しようと思ったら、自分に合わないポケットWiFiを2年3年と
料金を払って使い続けないといけなかったりするわ。

MacbookAirを外でネットに繋ぐのにスマホのテザリングを使う

MacbookAirを外でネットに繋ぐのに、「スマホのテザリング」を使う方法もあるわ。

10年前の機種だと使えないかもしれないけど、この数年の間に発売されたスマホで
あればほぼ間違いなくテザリングの機能が使えるわね。

テザリングはスマホをポケットWiFiのように使う機能で、テザリングを使えば
MacbookAirをスマホの回線に接続してネットを使うことができるのよ。

テザリングは大手携帯キャリアでも格安SIMでも使えるんだけど、
事業者によってはテザリングを利用するのに別途申し込みが必要なケースもあるわ。

また別途オプション料金を払わないとテザリングが使えない事業者もあるから、
テザリングを利用する際には注意が必要ね。

テザリングのメリット

MacbookAirを外でネットに繋ぐのにスマホのテザリングを使うメリットとしては
 ・回線契約しているスマホがあれば使える
 ・繋がりやすい
 ・無料もしくは低料金で利用できる
などが挙げられるわね。

最近のスマホにはテザリング機能が標準搭載されてるから、
回線契約してるスマホさえあればテザリングが使えるわ。
(別途申し込みが必要な場合あり)

またスマホは基本的にLTE回線を使って通信するから、
WiMAXやワイモバイルのポケットWiFiに比べると繋がりやすかったりするわよ。

ただWiMAXやワイモバイルに比べると繋がりやすいってだけで、
LTE回線を使うポケットWiFiと比べると繋がりやすさのメリットは無いわね。

それからスマホのテザリングは、大手携帯キャリアでも格安SIMでも基本的に無料で
利用できるのも大きなメリットよ。

auやソフトバンクで一部の料金プランを利用している場合は
テザリングの利用に料金が発生するけど、それでも月額500円ほどなの。

4,000円前後の月額料金が必要なポケットWiFiに比べると、
スマホのテザリングの方が金銭的なメリットが大きいってわけね。

テザリングのデメリット

テザリングのデメリットには
 ・スマホのバッテリー消費が早くなる
 ・スマホが通信制限を受ける恐れがある
 ・接続方法によっては通信速度が大幅に遅くなる
といったことがあるわ。

テザリングを使うことでスマホのバッテリー消費が早くなるから、
MacbookAirをテザリングでネットに長時間繋いでおくことってはできないのよね。

テザリング利用によるバッテリー消費は1時間で10%ぐらいなんだけど、
テザリング以外でもスマホのバッテリーは消費するからバッテリーの減りが
早くなっちゃうのよ。

バッテリー消費が早くなると充電回数が増えて、充電回数が増えるとバッテリーの
劣化が早くなり、バッテリーが劣化するとスマホを買い替えないといけなくなるわ。

だからテザリングを頻繁に使うことで、
結果的にスマホの買い替えサイクルを早めることに繋がるってわけね。

また現状ではスマホでデータ使い放題プランは少ないから、テザリングを使って
MacbookAirをネットに繋ぐことで、スマホが通信制限を受ける恐れが高くなるの。

それからテザリングを利用するには
 ・WiFi接続
 ・USB接続
 ・Bluetooth接続
の3つの接続方法があるんだけど、
接続方法によっては通信速度が大幅に遅くなるのよ。

WiFi接続とUSB接続では十分な通信速度が出るものの、
Bluetooth接続だと通信速度がせいぜい1Mbps前後しか出ないわ。

1Mbpsだとスマホでスマホ用に圧縮された動画を見るのも重く感じるぐらいだから、
MacbookAirで圧縮されてないパソコン用のサイトを見るだけでも重く感じるかも
しれないわね。

MacbookAirとスマホをテザリングで接続するには

テザリングを使ってMacbookAirをスマホの回線に接続すると言っても、
機械弱い系女子にはどうすれば良いか分からないわよね。

そこでテザリングの方法を機械弱い系女子にも分かりやすく具体的に説明しておくわ。

iPhoneを使ってる場合は、まずiPhoneの「設定」から「インターネット共有」に進み、
画面上部のインターネット共有のタブをONにするの。

そして「WiFiをONにする」を選び、
「WiFiのパスワード」と「WiFiで接続するには」の項目をそれぞれメモしておいてね。

ちなみに「WiFiで接続するには」の項目にはテザリングのネットワーク名、
「WiFiのパスワード」にはテザリングで接続する際に必要なパスワードが
記載されているのよ。

次にMacbookAirの設定をするんだけど、
メニューバーにあるWiFiのアイコンをクリックしてMacbookAirのWiFi機能を
ONにして利用可能なWiFi一覧を表示させるの。

一覧の中から先にメモしたネットワーク名と一致するものを選んで、
先にメモしたパスワードを入力して「接続」ボタンを押せばテザリング設定完了よ。

MacbookAirのブラウザでネットサイトにアクセスできればテザリング成功で、
iPhoneの回線を通してMacbookAirがネットに繋がってるわ。

Androidスマホの場合

Androidスマホを使ってる場合は、Androidスマホの「設定」から
「無線とネットワーク」さらに「テザリングとポータブルアクセス」に進むの。
(スマホの機種によって「」内の表現が違う場合あり)

画面内の「WiFiテザリング」のタブをONにすると、
WiFiテザリングのセットアップ画面が表示されるわ。

そのままネットワーク名とパスワードをメモして「保存」をタップしても良いし、
ネットワーク名とパスワードを自分が分かりやすいものに変更してメモしてから
「保存」をタップしても良いわよ。

ちなみに、ネットワーク名は簡単なものでも良いんだけど、
パスワードは「自分だけが覚えやすくて、他人には推測しにくいもの」にしないとダメ。

パスワードを同じ数字を並べただけとか「1234・・・」といった誰でも簡単に推測できる
ものにすると、近くに居る他人にWiFiテザリングを勝手に使われる恐れがあるわ。

テザリングにタダ乗りされるだけならまだしも、
WiFiテザリングを遡ってスマホが乗っ取られる恐れもあるから気を付けてね。

次はMacbookAir側の設定で、メニューバーにあるWiFiのアイコンをクリックして
MacbookAirのWiFi機能をONにするのよ。

利用可能なWiFi一覧が表示されたら、その中から先にメモしたネットワーク名を選び、
先にメモしたパスワードを入力すればテザリングの設定はOK。

MacbookAirのブラウザでネットサイトにアクセスできればテザリング成功、
Androidスマホの回線を使ってMacbookAirをネットに繋ぐことができるわ。

フリーWiFiを使ってMacbookAirを外でネットに繋ぐ

MacbookAirを外でネットに繋ぐには、
コンビニなどに設置されてる「フリーWiFi」を使う方法もあるわ。

海外に比べて日本のフリーWiFi普及率は低いって言われてるけど、
最近は増えてきててコンビニやカフェなんかだとほぼ確実にフリーWiFiが
導入されてるわね。

フリーWiFiの電波はお店の外でも受信できるんだけど、フリーWiFiを利用する
場合にはお店に入って商品を買ったり注文するのが大人のマナーよ。
(フリーWiFiの利用自体には料金はかからない)

フリーWiFiが使える施設には
 ・FREE WiFi
 ・WiFi使えます
といったステッカーが貼ってあるから、フリーWiFiを探す時は目印にしてね。

フリーWiFiが設置されている場所

フリーWiFiが設置されている主な場所を具体的な店名などを出して紹介するわね。

例えばコンビニだと
 ・セブンイレブン
 ・ファミリーマート
 ・ローソン
の大手3社の店舗にはそれぞれお店独自のフリーWiFiが設置されてるわ。

カフェは
 ・スターバックス
 ・タリーズコーヒー
 ・ドトールコーヒー
 ・コメダ珈琲店
 ・上島珈琲店
 ・PRONTO
 ・ルノアール
ファストフード店は
 ・マクドナルド
 ・ケンタッキーフライドチキン
 ・モスバーガー
 ・ロッテリア
といった有名チェーン店であれば、ほぼ間違いなく店内でフリーWiFiが使えるわよ。

それ以外にも、例えば東京だったら
 ・羽田空港
 ・成田空港
 ・都営地下鉄
といった空港や駅にもフリーWiFiが設置されてるわね。

都道府県の庁舎や役所に自治体がフリーWiFiを設置していることもあるから、
フリーWiFiを探す時は「人が多く集まる場所」がポイントよ。

フリーWiFiのデメリット

フリーWiFiには「誰でも無料で利用できる」という大きなメリットがありますが、
それを上回るデメリットもあるのよね。

フリーWiFiの主なデメリットとして挙げられるのは
 ・セキュリティが脆弱
 ・1回の利用時間や1日の利用回数に制限がある
といったことよ。

詳しくは後述するけど、特にセキュリティ面には注意が必要で、
フリーWiFiの使い方によっては大きなトラブルに巻き込まれる危険性もあるわ。

フリーWiFiはセキュリティが脆弱

全てってわけじゃないけど多くのフリーWiFiはセキュリティが脆弱で、
使い方を間違えると個人情報が漏れたりMacbookAirを乗っ取られる恐れがあるのよ。

自宅の光回線をWiFi化したものやポケットWiFi、スマホのテザリングを使って
通信する場合は、通信内容が暗号化されるようになってるの。

通信内容が暗号化されてると、
万が一第三者に通信を見られたとしても内容を把握される心配が無いわ。

ところが多くのフリーWiFiを使った通信は暗号化されないから、
万が一第三者に通信を見られると内容まで全部把握されちゃうのよ。

機械弱い系女子には想像もできないけど、機械強い系の人にかかると
フリーWiFiを遡ってMacbookAirを乗っ取るなんてこともできちゃうわ。

光回線をWiFi化したものやポケットWiFi、スマホのテザリングにMacbookAirを
接続するには「パスワード」が必要なの。

対してコンビニなどに設置されてるフリーWiFiの多くは、会員画面にログインするのに
パスワードが必要だったりするけど、WiFi接続そのものにはパスワードは不要なのよ。

実はWiFi接続の際のパスワードが暗号化のキーになってて、WiFi接続時に
パスワードが不要なフリーWiFiは通信が暗号化されてないと思って間違いないわね。

フリーWiFiを利用する際に注意すること

セキュリティが脆弱なフリーWiFiはあまり使わない方が良いんだけど、
フリーWiFiに接続する場合にはネットの使い方に気を付けてね。

まず「個人が特定できる通信」は絶対にやっちゃダメよ。

住所や氏名など個人情報を入力するようなサイトはもちろん、LINEやメールで
個人的なメッセージをやり取りするのもフリーWiFi接続時は止めた方が良いわ。

それからSNSみたいにログインが必要なサイト・アプリを使うと、
ログイン情報やログイン情報に紐づいてる個人情報を抜き取られる恐れがあるのよ。

金融機関の口座情報やクレジットカード番号を入力するオンライントレードや
ネットショッピングなんてフリーWiFi接続時は絶対やっちゃダメ。

こうしたサイトやアプリを使いたい場合はフリーWiFiじゃなくて、
スマホのテザリングを使ってMacbookAirをネットに接続した方が良いわね。

フリーWiFi接続時は、ちょっとした調べ物とかSNSはブラウザからログインせずに
閲覧するだけといったような使い方をするようにしましょう。

フリーWiFiには利用制限がある

フリーWiFiには1回の利用時間や1日の利用回数に制限されているものも
少なくないわ。

例えばコンビニに設置されてるフリーWiFiには
 ・セブンイレブン・・・1回60分、1日3回
 ・ファミリーマート・・・1回20分、1日3回
 ・ローソン・・・1回60分、1日5回
といった制限が設けられてるのよ。

ローソンは1日5時間、セブンイレブンは1日3時間までフリーWiFiを使えるけど、
ファミリーマートだと1日1時間しか使えないわ。

ちょっとした調べ物や暇つぶしに使う分には制限があっても問題ないけど、
仕事でMacbookAirをネットに繋ぐのには使いにくいわね。

ただし、専用アプリを使うことで利用時間や利用回数の制限が無くなる場合もあるわ。

無線LANルーターがあればMacbookAirを外でネットに繋げられる?

家電量販店や通販サイトで販売されてる「無線LANルーター」を使っても、
MacbookAirを外でネットに繋ぐことはできないわ。

無線LANルーターは光回線などのインターネット回線をWiFi化するための機器で、
無線LANルーターそのものにはインターネットに接続する機能は備わってないのよ。

しかも無線LANルーターにはMacbookAirやスマホのようなバッテリーは付いてなくて、
電源ケーブルをコンセントに挿さないと使えないわ。

だから無線LANルーターは持ち運んで使うことができないから、
もし無線LANルーターにインターネット接続機能があったとしても外では使えないのね。

MacbookAirを外でネットに繋ぎたいなら、
 ・ポケットWiFi
 ・スマホのテザリング
 ・フリーWiFi
のどれかを使いましょう。

MacbookAirだけでネットに接続することはできない?

先にも書いたようにMacbookAirにはセルラーモデルが無いから、
MacbookAirで回線契約することはできないの。

他のノートパソコンだとSIMカードをSIMスロットに挿せばインターネットに
接続できたりするんだけど、MacbookAirにはそもそもSIMスロットが付いてないのよ。

だからMacbookAirをインターネットに接続するには、
別途インターネット回線が必要になるってわけ。

光回線やADSLなどの固定回線、ポケットWiFiやスマホのテザリングといった
モバイル回線、フリーWiFiなどに接続することで初めてMacbookAirでインターネットが
使えるようになるのよね。

まとめ

MacbookAirを外でネットに繋ぐには
 ・ポケットWiFiやスマホのテザリングを使う
 ・フリーWiFiを利用する
という2つの方法があるわ。

簡単な調べ物やゲームアプリを使うぐらいだったらお金をかける必要が無いから、
無料で使えるフリーWiFiを利用すると良いわね。

MacbookAirでLINEやSNSを使うとか、外出先での仕事にMacbookAirを使うと
いった場合には、セキュリティがしっかりしてるポケットWiFiやスマホのテザリングを
使うのがベターよ。

さらにLINEやSNSだけだったらスマホのテザリングでも十分だけど、
仕事で使うとなるとそれなりのデータ容量を使うからポケットWiFiが必要になるわ。

このように「どういった目的でMacbookAirを外でネットに繋ぎたいのか」によって、
ポケットWiFi・スマホのテザリング・フリーWiFiを選ぶようにしましょう。

-インターネット回線知識

Copyright© インターネットのお話 , 2020 All Rights Reserved.