固定電話の知識

電話をかけた時受けた時のプープープー音の原因は?

投稿日:

こんにちは^^ノラです。

この間、友達に電話をかけたらずっと「プープープー」って音が鳴ってるだけで、
全然電話が繋がらなかったのよ。

私の場合は友達が電話中だっただけなんだけど、しばらく時間を置いてから
かけ直しても「プープープー」と鳴ってるだけで繋がらないことってあるわよね。

そこで、電話をかけた時かかってきた時になるプープープー音は一体何なのか、
詳しく説明しましょう。

スマホに電話をかけた時にプープープーと鳴る原因は?

冒頭の私のように、こちらから相手のスマホに電話をかけた時にプープープーとだけ
鳴って電話が繋がらない原因として考えられるのは
 ・相手が通話中
 ・相手に着信拒否されている
 ・お互いが同時に電話をかけている
 ・電話機の故障
 ・電波障害
などね。

電話をかけた時に鳴るプープープー音は「Busy Tone」と言われるもので、
電話をかけた相手が「忙しい(話し中)」ことを伝えるものなの。

だから電話をかけてプープープーと鳴った場合は、話し中だと思って一度電話を切り、
しばらく時間を置いてからかけ直すのが一般的な対応よ。

かけ直してもプープープーと鳴るなら着信拒否されている可能性も

しばらく時間を置いたり日を改めて電話をかけ直しても、プープープーと鳴って
電話が繋がらない場合は着信拒否されている可能性があるわ。

スマホの操作ミスで着信拒否設定されちゃってることもあるし、
登録してない電話番号は全て着信拒否することもあるわよね。

だから電話をかけた時のプープープー音が着信拒否によるものだとしても、
落ち込む必要はないわよ。

どうしても連絡と取らないといけないなら、固定電話とか公衆電話とか別の電話機から
電話をかけたり、メールやLINEでメッセージを送ると良いわよ。

着信拒否される心当たりが無いなら、
連絡が取れた際に着信拒否されていることを伝えて解除してもらっておきましょう。

着信拒否にはいくつかの種類がある

スマホの着信拒否には
 ・おやすみモード
 ・端末の機能
 ・キャリアのサービス
の3種類があるの。

「おやすみモード」のスマホに電話をかけるとプープープーと鳴るだけで、
電話は繋がらないわ。

夜間や相手が休みの日だと寝ている可能性もあるし、
仕事している時間帯なら運転中や電車などで移動中ってことも考えられるわね。

「端末の機能」で着信拒否している場合は、
 ・Androidスマホ・・・プープープー音は鳴らずに切れる
 ・iPhone・・・プープープー音が鳴る
と機種によって反応が違うのね。

「キャリアの着信拒否サービス」を利用している場合は、
プープープー音じゃなくてメッセージが流れるから分かりやすいわ。

キャリアによって多少メッセージの内容は違うけど
 ・お繋ぎできません
 ・お受けできません
というメッセージが流れたら着信拒否されていると思って間違いないわね。

お互いが同時に電話をかけている

相手のスマホに電話をかけてすぐにプープープーと鳴る場合は、
相手と同じタイミングで電話をかけちゃってる可能性があるわ。

スマホだと通話中に突然電話が切れちゃうことってあるわよね。

その時に自分と相手が同時に電話をかけ直すと、
プープープーと鳴って電話が繋がらないことがあるの。

電話の相手がお客さんとか上司とかだとすぐかけ直さざるをえないけど、
プープープーと鳴って電話が繋がらない時はしばらく時間を置いてかけ直すのが
基本ね。

電話機の故障と電波障害だと他の方法で連絡を取るしかない

電話をかけた相手の電話機が故障していたり、
相手が使っているキャリアで電波障害が発生している時にもプープープー音が鳴るわ。

どちらの場合もすぐに復旧する可能性は低いから、
別の方法で連絡を取ることを考えなきゃダメね。

もちろん自分の電話機や自分が使っているキャリアで電波障害が発生していることも、
十分にありえるわよ。

だから何度かけ直してもプープープーと鳴って電話が繋がらない場合は、
自分の電話機の故障や電波障害も疑いましょう。

最近は通信会社も電波障害の情報を迅速に出すようになっているから、
自分や相手が使っているキャリアの障害情報をチェックすると良いわ。

ただ地域的な障害だと情報が出ないこともあるから、
TwitterとかSNSで障害情報をチェックするのもアリよ。

固定電話に電話をかけてプープープー音がなる原因

スマホ相手でも固定電話相手でもプープープー音が鳴るなる原因は基本的には
同じだけど、固定電話特有の原因もあるの。

固定電話相手に電話をかけてプープープー音が鳴る場合には、
受話器がちゃんとフックスイッチの上に置かれていない可能性があるわ。

職場の電話機だと受話器がちゃんと置かれていないと音で知らせてくれたりするけど、
家の電話機だとそういった機能が付いてないこともあるのよね。

だから慌てて電話を切ったりすると、フックスイッチに受話器が乗っていなくて、
ずっと中和中の状態になっちゃったりしていることがあるわけなのよ。

携帯電話やコードレス電話機でも、通話が終わった時に終了ボタンを押さないと
ずっと通話中の状態になっちゃうことがあるわ。

携帯電話など他に連絡が取れる手段があれば良いけど、
無い場合は相手が気付いて受話器をちゃんと置いてくれるまで待つしかないわね。

相手がIP電話や光電話だとインターネット回線に問題

IP電話や光電話相手に電話をかけてプープープー音が鳴る場合は、
相手が使っているインターネット回線に問題があるかもしれないわ。

IP電話や光電話は、アナログ電話やスマホの音声通話専用回線じゃなくて
インターネット回線を使って音声通話をしているの。

相手が使っているインターネット回線に通信障害が発生していることも考えられるし、
ONUなどの終端装置が故障しているなんてこともありえるのよ。

この場合も電話をかけた側にできることはなくて、
電話を受ける側が対応してくれるまで待つしかないわね。

スマホなど他に連絡が取れる手段があるなら、
相手側の対応を待つよりもそっちを使った方が速いわ。

IP電話や光電話から電話をかけた場合は、
自分が使っているインターネット回線に問題が無いかもチェックしておきましょう。

固定電話の着信拒否はメッセージが流れる

固定電話で着信拒否されている場合には
 ・お繋ぎできません
 ・お受けできません
 ・お取り扱いできません
といったメッセージが流れるわ。

スマホはプープープー音が鳴るだけのこともあって着信拒否されていることが
分かりにくいけど、固定電話は着信拒否されていることが分かりやすくなっているのね。

また電話機が故障したり電波障害が発生している時も、
固定電話だとメッセージが流れるようになっているの。

だから固定電話相手に電話をかけてプープープー音が鳴る場合は、
話し中か受話器が外れている可能性が高いってわけ。

相手が話し中かどうか調べられるサービスがある

何度かけ直してもプープープー音しか鳴らない場合に、
相手が話し中かどうかが調べられるサービスがあるのよ。

NTTの「お話し中調べ」というサービスで、局番無し「114」に電話をかけて音声案内に
従って通話中かどうかを調べたい電話番号を入力すればOK。

このサービスを利用して相手が通話中じゃなければ、
受話器が外れている可能性が高いわ。

お話し中調べは無料で利用できるんだけど、
自分も電話をかけた相手もNTT回線を使っていないとダメなの。

ドコモのスマホでもお話し中調べは使えないし、
IP電話や光電話で114をダイヤルしても繋がらないないわ。

お話し中調べはあくまでNTTの固定電話向けサービスだから、自分も通話中か
どうかを調べたい相手もNTTの固定電話サービスを使っていることが絶対条件よ。

スマホが話し中かどうかを調べるには

先のお話し中調べはNTTの固定電話でしか利用できませんが、
スマホが通話中かどうかを調べるサービスもあるのよ。

実はNTTの故障受付窓口である「0120-444-113」に電話をかけると、
NTTの固定電話以外でも通話中かどうかを調べてもらえるの。

スマホや携帯電話はもちろん、IP電話や光電話が通話中かも調べてくれるわ。

通話中かどうかを調べたい旨と
 ・調べてほしい相手の電話番号
 ・自分の氏名
 ・折り返しの連絡先電話番号
を伝えると、NTTの担当者が通話中かどうかを調べてくれるのね。

9時から17時まではオペレーターが対応してくれるけど、
17時から翌9時までは自動音声による案内になるわよ。

ただお話し中調べと違ってすぐに通話中かどうかは分からなくて、
通話中の調査には少し時間がかかるってことは覚えておいてね。

電話に出た時にプープープー音がなる原因

スマホでも固定電話でも、
電話に出たらプープープー音が鳴っていることってあるんじゃないかしら。

こちらが電話をかけた時にプープープーと鳴るならともかく、
こちらが電話に出た時にプープープーと鳴っていると気味が悪いわよね。

電話に出た時にプープープーとなる原因として考えられるのは
「こちらが電話に出た瞬間に相手が電話を切った」ってこと。

単純に間違い電話だと気付いて切ったってことも考えられるけど、
この場合は犯罪に巻き込まれる危険性もあるのよ。

固定電話だと、空き巣が事前に留守であることを確認するために
電話をかけてきてることが考えられるわ。

携帯電話・スマホの場合は、手当たり次第に電話をかけて詐欺のターゲットを
探していることもありえるわね。
(電話番号が使われていることを確認して、後日詐欺の電話をかけてくるの)

電話に出た時にプープープーと鳴ったら、犯罪者に狙われている可能性があるから、
より一層防犯意識を高めなきゃダメよ。

相手が間違ってFAXを送っている可能性も

携帯電話やスマホだと可能性はゼロだけど、固定電話に出た時にプープープーと
鳴った場合には相手が間違ってFAXを送っている可能性もあるわ。

こちらにFAX機能が無くて、相手がFAXを送ってきている場合には電話に出ると
プープープーという音が鳴るのね。

こちらにFAX機能があって、相手が間違って通話用の電話番号にFAXを送った
場合は、電話に出るとFAXを受信する時の「ピーヒョロロロロ」という音が鳴るわ。

間違ってFAXを送ってきている相手が分かっているなら、
すぐに連絡して間違っていることを教えてあげてね。

FAXを送ってきているのが誰か分からない場合は、そのまま放っておいても、
その内向こうが気付くはずよ。
(通話用の電話番号に何度もFAXを送るとFAX機にエラーメッセージが出るわ)

通話中にプープープー音が鳴る原因

スマホや固定電話で話している時にプープープーって音が鳴ることってないかしら?

通話中にプープープー音がなる原因としては
 ・電波状態が悪い
 ・他の着信やアプリの通知
 ・電話機の故障
といったことが考えられるわ。

固定電話だと電波状況が悪くなることは無いけど、スマホだと特に外で
電話している場合は急に電波状態が悪くなることは十分にありえることよね。

そこに留まっていても電波状態は改善されないから、スマホで通話中に
プープープー音が鳴ったら、電波がよく入る場所を探して移動するしかないわね。

どこに行ってもプープープー音が消えない場合には、一旦電話を切ってスマホを
再起動することで通話中のプープープー音が消える可能性があるわよ。

他の着信やアプリの通知

スマホで通話中に、
他の人からの着信やアプリの通知が入ってくるとプープープーと鳴ることがあるの。

以前は携帯電話のキャッチホンはオプションだったけど、今は標準サービスで
申し込まなくてもキャッチホンが利用できるようになっていたりするわ。

通話中のプープープー音が気にならないなら放っておいても良いけど、
通話に支障があるならキャッチホンの機能をOFFにしておくと良いわよ。

またサイレントモードを利用すれば、スマホで通話中にアプリなどの通知が入っても
プープープー音が鳴らなくなるわ。

iPhoneは、本体側面上部にあるスイッチを背面側にカチッと音がするまで
スライドさせるとサイレントモードに切り替わるわよ。

Androidスマホの場合は、画面上部から下へスワイプしてクイック設定パネルを開いて、
 ・サイレント
 ・マナー
の項目をONにするか
 ・サウンド→バイブレーション
 ・音声→バイブレーション
に切り替えることでサイレントモードが使えるわ。

固定電話の受話器を上げた時に鳴る「ツー」って音は何?

固定電話で電話をかける時に、
受話器を上げて耳に当てると「ツー」っていう音が鳴っているわよね。

これは「発信音」や「ダイヤルトーン(DT)」と言って、この音が鳴っていることで
「電話がかけられる状態」であることが分かるようになってるのよ。

受話器を上げても発信音が聞こえない場合や番号ボタンをプッシュしても発信音が
聞こえる場合は、電話機に何らかの不具合が発生していることが考えられるわ。
(通常は番号ボタンをプッシュすると発信音は鳴らなくなるの)

モジュラーケーブルや電源ケーブルを挿し直しても発信音が聞こえないと、
電話機が故障している可能性が高いわね。

受話器を上げた時にプープープーと鳴る原因は?

まだ電話をかけてなくて、
受話器を上げて耳に当てただけなのにプープープーと鳴ることもあるのよ。

これは電話機の故障でも通信障害でもなく、
単に電話料金を払っていないから電話が止められているだけ。

料金さえ払えばその日の内に電話が使えるようになるから、
何とか電話会社に連絡を取って相談しましょうね。

光電話だとバージョンアップが必要な場合も

光電話を使っていて受話器を上げた時にプープープーと鳴るのは、
料金未払いじゃなくて、光電話対応ルーターのバージョンアップが必要だということを
知らせてくれている可能性もあるわ。

基本的には自動的にバージョンアップが行われるんだけど、何かの原因で
自動的にバージョンアップされなかったりバージョンアップが遅れることがあるのね。

光電話対応ルーターのバージョンアップは、
電話機やパソコンで手動で行うこともできるわよ。

利用している光回線によって多少違うかもしれないけど、
フレッツ光や光コラボの光電話対応ルーターのバージョンアップ方法を紹介しておくわ。

光電話の受話器を上げてプープープーと鳴っているのを確認したら「***11」と
ダイヤルして、「ププ」という音が聞こえたら受話器を置くだけ。

これで光電話対応ルーターのバージョンアップが始まり、
3~5分ほど待てばバージョンアップ完了よ。

バージョンアップ中は光電話対応ルーターのランプが以下のようになるわ。
 ・アラームランプ・・・赤点滅または赤点灯
 ・PPPランプ・・・遅い緑点滅
 ・ひかり電話ランプ・・・遅い緑点滅

アラームランプとPPPランプが消えて、
ひかり電話ランプが緑点灯に変わったらバージョンアップ終了、光電話が使えるわよ。

もし電話機でのバージョンアップが上手くいかない場合は
パソコンでバージョンアップを行うんだけど、光電話対応ルーターの機種によって
やり方が違うから利用している光回線事業者に確認してね。

プッシュ回線とダイヤル回線って何が違う?

いわゆる「黒電話」を使ったことがある世代の人なら、固定電話には
 ・プッシュ回線
 ・ダイヤル回線
の2種類があることを知ってるはずよね。

プッシュ回線とダイヤル回線の違いは、電話機じゃなくて、
電話番号を入力する際に使われる電気信号にあるの。

プッシュ回線では、0から9の数字1つずつに違う周波数の音を割り当てた
「トーン信号」が使われているわ。

それに対してダイヤル回線では、
電気信号が途切れる回数で数字を発信する「パルス信号」が使われているのね。

例えば電気信号が1回途切れたら「1」、2回途切れたら「2」、5回途切れたら「5」、
9回途切れたら「9」といった感じね。

黒電話でプッシュ回線は使えないけど、プッシュホンでダイヤル回線は使えるから、
プッシュ回線とダイヤル回線に電話機の違いは無いわ。

料金は同じだし、プッシュ回線の方が電話が繋がるのが僅かに早いぐらいで、
どちらが良い悪いといったことはないのよね。

プッシュ回線とダイヤル回線は相互に変更可能

あんまり意味はないけど、プッシュ回線からダイヤル回線、
ダイヤル回線からプッシュ回線に変更することは可能よ。

局番無し「116」に電話をかけるか、自分が住んでいる地域を管轄している
NTTのホームページで変更の申し込みができるわ。

ただプッシュ回線とダイヤル回線の変更には
 ・基本工事費・・・1,000円
 ・交換機等工事費・・・1,000円
の合わせて2,000円がかかるの。

さらに申し込んでから実際に回線が変更されるまでには、1週間ぐらいかかるのよねぇ。

先にも書いたようにどちらが良い悪いとは言えないから、
特に理由が無いからプッシュ回線とダイヤル回線の変更はあまりおすすめしないわ。

呼び出し音なしでいきなりプープープーと鳴って電話が切れるのはなぜ?

スマホで友人などに電話をかけた時に、通常の「トゥルルル」という呼び出し音が
鳴らずにプープープーと鳴って電話が切れた経験ってないかしら。

このケースは電話をかけた相手が
 ・話し中
 ・着信拒否
している可能性が考えられるわ。

相手もスマホだと、使っている機種やキャリアによって
 ・プープープーと鳴り続ける
 ・プープーと2回鳴って切れる
 ・プープープーと3回鳴って切れる
 ・1回トゥルルルと鳴ってからプープープーに変わる
といったように通話中や着信拒否されている時に鳴るプープープー音が違っているの。

だから相手が使っているスマホの機種やキャリアによっては、
通話中だとプープープーと鳴ってから電話が切れちゃうこともあるのね。

しばらく時間を置いてからかけ直してみても、
プープープーと鳴って電話が切れるようだと着信拒否されている可能性が高いわ。

スマホで通話中にプープープーと鳴って電話が切れるのはなぜ?

スマホで電話している時に、
急にプープープーと鳴って電話が切れちゃうなんてこともあるのよね。

このケースの原因としては「相手が電話を切った」ことが考えられるわ。

ただ意図的に電話を切ったんじゃなくて、
移動しながら電話していて急にスマホが圏外になったとか
充電が無くなってスマホの電源が落ちて電話が切れちゃったってことね。

相手にキャッチホンが入ってそちらの電話に出たとしてこちらの電話が切れることは
無いので、相手がキャッチホンに出たってことは考えられないわよ。

-固定電話の知識

Copyright© ノラがしらべたインターネット回線のお話 , 2020 All Rights Reserved.